30代までの 男のライフハック

アラサービジネスマンが30代のうちにすべきこと、してよかったことをお伝えいたします。年配のかたや、女性の方も趣向があえば是非ご覧ください。

【生活】今年中に覚えておきたい仮想通貨の勃興から凋落まで~今はやりのXP/MOONの買い方~

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

この記事を読み、仮想通貨とバブルについてネタの一つでも仕入れていただこうと思います。

 

 

https://www.tradingview.com/x/sfsJR9n5

2017年は完全に仮想通貨元年となりました。

僕自身は、仮想通貨には懐疑的でそんなインターネットのデジタル屑のようなものに価値があるとは思っていません。

思っていませんが、値上がりするなら買うしかありません。

 

ただし、仮想通貨はあくまでバブルであって、どのようにしてバブルを駆け上がっていき、終着点を迎えるのか予想しておきましょう。

 

この記事は、仮想通貨に投資をしていない人には、年末年始の友人や家族と集まった時のネタのために、そして、仮想通貨を買っている方には、バブルというものがどのようなものか知っておくために、是非、読んで見てください。

 

1.かつて日本が経験したバブル

「さんまんはっせんきゅうひゃくじゅうごえん」これは、産まれたての証券マンが初めて覚える言葉なのではないでしょうか。

時は2000年代、日本経済は失われた20年を牛歩のように歩んでおり、日本株相場と言えば、買ったら下がるものでしょ?と言われるような時代でした。(まぁ、ITバブルもありましたが・・・)

そんな相場環境の中で、いつの日か超えたい壁、神がかりな時代の日経平均、それが、1989年の大納会(年末最後の日)に終値の最高値38,915円なのです。

そうです、年末最後の日・・・。今年も、あの日と同じ29日。

仮想通貨バブルが今年で終わり、にはなってほしくないですが、まぁ、ありうるタイミングかもしれません。

 

2.バブルとはどこからやってくる?

そもそも、バブルはなぜやってきて、どうして我々のもとから去ってしまうのか。

①買いたい人 > 売りたい人

 ビットコインで言うと、今までビットコインなんてネットオタクの楽しみでしょ??的な存在だったものから、一躍、資産形成のメインどころになったのです。そりゃーみんな手元にビットコインなんて持っていません。売りたい人(売れる人)がいない状況です。※実際には、まだまだ値上がりしているので、売れる人も売っていない状態。

デフォルメして言うと、もう全世界の74億人が買いたくて、ナカモトサトシ1人が売れる状況。

分かりづらいので、言い直すと、遭難して1週間の食糧が尽きた100人乗りの富豪が乗っている客船で、カップラーメンが1個だけ見つかった状態。数カラットのダイヤとカップラーメン1個の値段が一緒になるような状態。

そう、なんでもかんでも実態経済の物やサービスの値段が上がってるバブルじゃなくて、仮想通貨だけがぶっ飛んでいるのです。

ビットコイン時価総額 > 世界の他金融資産の総額

 これは、ありうるのです。たとえば、世の中に100の国があったとして、一国あたり、1億円の資産を持っていたとします。

そうすると、全世界の金融資産は、100億円です。

そんな中、ビットコインというものが新たに開発され、1億枚のコインが発行されました。

ある日、超有名なジョーカー大統領という人が、1ビットコインって1,000の価値があると思うから、1,000円で買ってみよっと思い取引が成立されました。

さて、ビットコイン時価総額はいくらでしょう。

1,000億円です。

えっ、全世界の金融資産が100億円なのに??

そうです、全世界の金融資産総額を1地球だと換算すると、ビットコインの総額は1太陽になりうるのです。

ただし、全員が先ほどのジョーカー大統領に1,000円でビットコインを売れたような取引は行えません。それができるのは、「買いたい人 > 売りたい人」な時だけです。

だれも売りたいと思わなければ、仮想資産は天井知らずのウナギのぼりになれるのです。ただし、利益を確定できるのは、限られた人だけになります。

 

 と、夢の無い話をしましたが、仮想通貨の価値をみんなが認める時代がやってくれば、そもそも換金という行為も少なくなり、ビットコインの状態で保持するようになります。そのような状況下であれば、世界中の金融資産総額が格段に増加しただけで、単純に世界経済が良好になるだけで、みんなハッピーな時代がやってきます。もっとも、インフレリスクが上がりますが。

 

そんなわけで、「もうバブル最中で弾けるの待ちか、もしくは、まだまだバブルに入っていない状態なのかわからない仮想通貨」の取引を、僕はこのタイミングではじめたのです。

僕と一緒にバブルにチャレンジされる方は、コインチェックが便利です。

登録すると、1週間くらいでハガキが家に届き、取引可能になります。

https://coincheck.com/images/affiliates/04_cc_banner_300x250.png

また、仮想通貨を盗られてしまったなどの話を聞くので、コインチェックを申し込んだら、「google authenticator」をアップルストアなどからダウンロードして、2段階認証にしておいたほうが良いでしょう。

 

また、さらに仮想通貨にはまった方は、「COINEXCHANGE」という取引所で無名な仮想通貨取引を行うのも面白いかもしれません。

https://www.coinexchange.io/market/SYNX/BTC?r=82c121a8

①コインチェックでLTC(ライトコイン)などを仕入れ、②コインエクスチェンジに送金し、③コインエクスチェンジで、今はやりのXPやMOONなどの仮想通貨に投資を行うことができる。

【投資】億り人とシクリ人 仮想通貨界隈なはなし

先週から、仮想通貨に参入しましたが、

当初の遊び資金に加えて、投資用資金も追加してしまいました。

投資用資金の投入額は資産の数%なのでまぁリスクとしては、許容範囲でしょう。

 

ということで、来週から資本50万円で仮想通貨ゲームを勝ち抜いていきたいと思います。

【先週末】

f:id:otokonolife:20171217161615p:plain

【今日】

f:id:otokonolife:20171217161608p:plain

投資期間は仮想通貨相場が終わるまでの推定2年間。

50万×100倍=5,000万目指して頑張ります。

その前に、バブル相場が終わって5,000円になっても、まぁ、将来語れるネタを得られたということで、勉強代としては安いもんでしょう。

 

投資戦略と選定通貨としては、以下、①~⑤に投資。

①BTC(ビットコイン)は大御所としてはずせず、

また、BTH(ビットコインキャッシュ)もビットコインの代替として選択。

XRPリップル)は、与沢翼銘柄として、さらに国際決済としてカード会社との提携から期待をしているため選択。

③XEM(ネム)は、Wechatとの連携がされるとのことから、開発元のテンセントの神がかり的な株価上昇のイメージから、期待を込めて選択。

④ETH(イーサリアム)は、仮想通貨界の2番手的なポジションであるものの、Amazonと提携されるのではないかという、怪しげな噂から選択。

⑤JPY(日本円)は、われらが日本国の通貨。とりあえず待機資金として置いておくために所持。

 

投資割合の目安は、以下の通り。

①BTC&BTH 15%  ±  5% 

XRP         50% ±20%

③XEM         15% ± 5%

④ETH         20% ±10%

⑤JPY         15% ±15%

ひとまず、今年中にポートフォリオ(上の画像の円グラフを、①~⑤の投資割合にする)を完成させにいきたいと思います。

スタンスとしては、長期投資を行う予定で、売買は最低限。

また、リバランスといわれる仮想通貨間の調整は1週間毎くらいに見ていこうと思います。

その他の海のものとも山のものとも判断がつかない、ほかの仮想通貨への手出しは行いません。遊び資金が追加でできたらやるかもしれませんが。

 

ここまで長くなりましたが、題名の件。

仮想通貨で億り人になれた人はうらやましいですね。

世の中、社会人になるまで10年以上の勉強をして大企業(一般的に言われる良い会社)にはいっても、金融資産で億円単位になれるのは、貯蓄ができる人でも人生の後半以降です。

それが、仮想通貨投資(まぁ、投機ですよね)によって、若くして億円単位の資産形成ができてしまったのです。投資の世界で言うと、数十年後の1億円と今の1億円はけた違いに価値が違うものです。今、億の金融資産を築けたら、一生お金に困りません。

億り人のみなさまおめでとうございます。

そして、僕も仲間にいれてください。笑

<a href="https://coincheck.com/?c=M8unLrgkeo0" target="_blank"><img src="https://coincheck.com/images/affiliates/04_cc_banner_300x250.png" alt="ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin"></a>

【投資】ビットコイン暴落まで秒読み…

伝統的な投資家のぼくが、仮想通貨業界にやってきました。

 

本日、初買付をしてみました。

f:id:otokonolife:20171213192351p:plain

 

現時点、入金資金は5万円。明日、追加で5万円を入金して、計10万でどこまで遊べるかチャレンジしたいと思います。

 

僕自身は仮想通貨の価値は信じておらず、ブログネタとして遊び資金のみの運用をしていきます。

 

思えば大学時代、東北の大震災直後にFXでレバレッジきかせてドルの鬼買い、、、ロスカットに耐えられず痛い思いをしました。もうちょっと入金してたら、当時の僕にとって大金を手にしてたのに…

あれから10年、ビットコイン(その他仮想通貨がメインか)でリベンジしにいきます!ところで、ビットコインが数万円の時にもらった僕のコインはどこにいってしまったのだろうか 笑

 

巷では、株式オンリークラスタ奴らがやってきたら仮想通貨相場も終わりと言われてますので、みなさま巻き込み事故を起こしちゃったらスミマセン。

<a href="https://coincheck.com/?c=M8unLrgkeo0" target="_blank"><img src="https://coincheck.com/images/affiliates/04_cc_banner_300x250.png" alt="ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin"></a>

【投資】元証券マンの投資方針(現在も金融機関従事者)

今回は、僕の資産形成の基本となっている考えを記載していきます。

 元証券マンとFP2級(AFP & 証券アナリスト)の知識と個人の投資研究を下地に考えられております。

 

【基本方針】

1.若いうちは日本円での貯蓄は最低限に

2.債券投資は、最低限に

3.割安か割高かは、将来にわかるもの

4.自分もプロもサルも銘柄選びは当たらない

5.金融機関従事者のため、投資制限がある

 

【基本方針の解説】

1.若いうちは日本円での貯蓄は最低限に

 みなさんも僕もビジネスマン並びに自営業の方々だと思うので、日本円は自分で稼ぐことができます。逆に、グローバルな時代だとはいえ外貨を稼げる人は、少数派です。現在、日本の経済力は奇跡的に第3位

 【第1位】 (United States) 2016年GDP:18兆5691億ドル

 【第2位】 (China)     2016年GDP:11兆2182億ドル

 【第3位】 (JAPAN)     2016年GDP:4兆9386億ドル

もはや中国には遥か及ばない状況ですが、まだ3位にいます。

今後、インドに抜かれる日も遠くない未来だと思いますが、まだまだ経済大国でおります。日本の高齢化社会は昔から危険視されていますが、対策は全然とれていません。個人で対策をとっておく必要性を感じております。

 

2.債券投資は、最低限に

 債券投資は、面白くありません。 笑

雑なことを書きましたが、株式の配当に比べると債券の利回りは低いものです。そして、現在の世界的な金融緩和時代(もっとも最近は金融緩和のExitタイミングですが)に債券投資をする意味がわかりません。金利と債券単価というのはシーソーの関係で、金利が上昇すれば、発行済みの債券の単価は下がります。もうちょっと、利回りが良い情勢になってから、債券投資は行いたいとかんがえております。

もっとも、米ドル建てMMFなんかは、直近利回りも回復してきて使用しております。

MMFは短期の債券系商品に投資しているため、債券単価の下落影響は加味しなくてよい

 

3.割安か割高かは、将来にわかるもの

 現在の株価が割安なのか、割高なのか、正直わかりません。わからないのでドルコスト平均法(dollar cost averaging)=円費用平均法という戦略で、とりあえず毎月定額を買っておけば、市場の波を攻略できると考えております。もっとも、日本のバブルとその後の日経平均の停滞という相場ではあまり有用ではない、とされていましたが、今のアベノミクス相場を考慮すると、やはり最適な戦略であったのだと考察できます。

 

4.自分もプロもサルも銘柄選びは当たらない

 僕は、元々証券会社のリテール(個人)営業を行っていましたが、何が投資の正解かはわかりません。もしかしたら、子供がサンタクロースの存在を信じているように、みなさまは証券マンは投資のプロだと信じているかもしれません。笑

そんなことはありません。

リテール営業のお前がわからないだけじゃないか?

そんなことはありません。笑

われわれ証券会社がプロなのは、証券会社が儲かることに対してです。

たとえば、債券や株、なぞの金融商品の販売業務。

債券の発行体から発行業務を引き受けて、販売するだけで、売れ残りが発生しない限り、証券会社は儲けしかでません。※売れ残りは基本発生しません。どうしようもないものでも販売できてしまうのが、証券マンです。笑

株式公開(IPO案件)もこれは、結構勝率が高いので普通に売れていきます。

謎の金融商品、EB債なんかは、誰がこんなの買うの?って思うけど、それなりに売れていきます。※例えば、トヨタの株がいくら未満にならなければ、5%の債券と同じ効果をもち、いくら未満になったら株で返しますね。って商品。ちなみに、値下がり前の株価で投資金額と同等程度の株数が返ってくるので、株価が下がってると損する。

そして、投資信託。これは、販売時も販売手数料が貰え、その後も信託報酬がもらえる優れもの。※証券マンは販売手数料と新規資金での買い付けで評価されるのが基本なため、乗り換えで販売手数料を稼ぐことはよくある。いや、それがメイン?笑

ちなみに、外貨建債権 売 × 投資信託 買 をすると10%以上の手数料が計上できます。

 

余計な話が多くなりましたが、投資のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理」等々で言われている話で、投資のプロとサルが株式の銘柄を選んだら、サルが勝つと言われています。まぁ、勝率は半々くらいでしょうか。笑

しかしながら、極々まれに、銘柄選びの本当のプロはいます。そんな人は、自身が富豪になります。ウォーレン・バフェット文庫・スノーボール ウォーレン・バフェット伝 (改訂新版)〈上・中・下 合本版〉」です。

 

 5.金融機関従事者のため、投資制限がある

 これは、該当する方は少数かと思いますが、我々、金融機関勤めのひとは容易に投資ができません。日本株や債券の現物取引は、支店長等の承認が必要となり、また、信用取引は禁止、FXも制限がかけられます。そもそも、FX業者等、口座開設させてくれません。笑

もっとも外国株投資をメインにしているので、よいのですが。ただし、FXがつかえないため、僕は手数料の高い外貨投資を強制的にさせられております。

 

上の記事の中で難しい投資本をあげましたが、「そんなつまらない本は読まん」という方は、インベスターZだけでも読んでおきましょう。

私自身は、個別株(外国株式中心)投資も趣味としております。

インベスターZ コミック 全21巻セット

インベスターZ コミック 全21巻セット

 

 以上

【生活】革靴やスニーカーの臭い

今週のお題今年買ってよかったもの

 

靴の臭いって、全然取れなくて困っていませんか?

僕も1年前まで、消臭スプレーで頑張ったり新聞紙やシューツリーを使ってどうにかしようとしていました。

 

しかしながら、驚異的な効果を発揮する画期的な商品に出会ってからはそんな悩みも無くなりました。

 

それが、グランズレメディ。

通販の広告なんかで、大袈裟な効果を言ってるけど、使ったら大したことないものって多いです。

でも、これは違います。ほんとに。

 

年間で換算すると安いもんですよ、ほんと。

靴の臭いがないだけで、合コンの時に靴の臭い気にしなくていいですし、デートのときも。

おやすいメンテナンスです。

一度お試しあれ。

 

なお、自家製でも作れるけど、面倒だし、各々買うと、分量合わないし、効果も劣るし、ケースもよくないので、グランズレメディ。買うのがオススメです。

 

グランズ レメディ (無香) レギュラー 50g 並行輸入品

グランズ レメディ (無香) レギュラー 50g 並行輸入品

 

 

【投資】ビットコインに乗り遅れた皆様へ(ノーリスクで夢を見る)

ビットコインが200万円を突破した先日、、、僕はビットコインを買っていなかったことを大変残念に思いました。

というのも、Bit flyer(ビットコインを購入するサイト)には2015年に登録し、当時、1ビットコイン5万円くらいだったかの時に1,000円相当のビットコイン保有していたのです。

現在、その1,000円相当のビットコインは40倍程度に膨れ上がり、4~5万円相当になっているかと思いますが、何分、まったく期待していなかったため、アカウントが不明となり、キャッシュ化できません。

 

前置きはそれぐらいにして、タラレバ娘にならないように、タラレバ言わず、今後どうしたらよいかに焦点をあてましょう。

ビットコインをこれから買うかというと、暴落が怖すぎて買えません。

もしかしたら、1ビットコイン1,000万円までいくかもしれませんが、同様に、1ビットコイン10万円くらいまで下がる可能性も同程度の確立かと思っています。(確率論を専門としている方、適当なこと言ってすみません 笑)

では、乗り遅れた我々はなにをすればよいか・・・

 

新しい仕組みのものに手を出しましょう!

こちら ⇒ Swift demand

同じく仮想通貨ですが、ノーリスクです。

えっ、ノーリスク???

ノーリスクです!

なんと、ベーシックインカム(こないだの選挙で緑の党??の某都知事がやりたがってたやつ)を仮想通貨で実現しようとしているのです。

毎日、100コインがベーシックインカムとして配られる仕組みとなっております(ビットコインなどと比べて良心的)。

 仮に、1コインが10JPYの価値を持つようになったら、世界から貧困がなくなるのではないでしょうか。まさに、LOVE & PEACEなコインなのです。

もちろん、そんなことは現実世界ではおおよそ実現不可能です。夢はありますが。

 

どうせ無料でもらえるコインに価値はないんでしょ?と思うあなた。

今のところ正解です 笑

ただ、ビットコインもそうでした。

無価値な状態から時を経つにつれて、価値がうまれてくるのです。

とりあえず、貰えるものは貰っておきましょう。

冒頭の私のBit coin 数万円分もタダで貰ったものです。笑

しかしながら、あまりにありがたみが無さすぎて、今、アカウントが不明なのです・・・

 

ちなみに、Swift demandは名前がイケテルから、勝手に将来価値がつくと思ってます。

※Swiftとは、金融機関の国際的な決済に使っているシステムです。

 

ではでは、

東京タラレバ娘? コミック 全9巻 セット

【生活】ふるさと納税、NISAの期限

もうじき2017年のふるさと納税の期日になります。


今年はすでにビーチポイントに一部申込済みではありますが、楽天スーパーセールを利用したポイント還元との併用技にも挑戦しようと目論んでいます。


また、NISAも今年分の枠の期限が月末まで受渡となりますので、そろそろ動いた方が良さそうですね。

【生活】まだ格安スマホ(MVMO)使ってないの?

だいぶ一般的になってきた格安スマホについて、解説します。

 

僕の場合は、以下の感じ。

 

【メリット】

格段に安い。

毎月6000円位かかっていたスマホ代が、毎月1000円で使用可能。※キャンペーンによる1年間の割引適用

使用パケット数がカウントされない速度制限モードが使える。

 

【デメリット】

12:00ー13:00のデータ通信が遅い。

MNP(電話番号をそのまま使うやつ)すると、1万円位の費用が発生

 

【使って見てビックリ】

いままで使ってたスマホをそのまま使用可。

→変わったのは通信回線のみ。定年退職後の父も、格安スマホに移行済。

 

【使用環境】

auSIMロック端末でもそのまま使えるmineoに移行。※mineoはdocomo回線、au回線を使うので、繋がりやすさは変わらず。

月の使用パケット数3Gbyte程度。

電話は基本LINE。固定電話にかける際は、LINE OUTを使用。

キャリアのメールアドレス(ezweb.ne.jp等)はもともと使用していない。

 

不便に感じることがあるかと思いましたが、何不自由なく使えてビックリです。

 

mineo使いたい方は、以下のリンクから申し込みを行うと、商品券等貰えます。

僕ももらえます。 笑

mineo.jp

【仕事】資格は取って当たり前

僕の仕事観をお伝えします。


僕の現在の勤務先では、昇格の要件として資格取得があります。

僕自身は資格も取得済、仕事も無事評価されて、年齢要件が満たせば昇格できる状態にいます。


そんな僕の部下(年齢は上)に、資格が取れておらず昇格させてもらえない、という悩みを抱えてる方がいます。

彼女は資格さえ取れれば、僕と同じポジションになれると考えているようですが、残念ながら資格を取っても彼女の働き方(やる気のなさ等)では、現状維持のポジションと想定しています。


それはさておき、金融機関勤務のビジネスマンにとって、昇格要件の資格とは、とって当たり前のものです。

資格を取っても、特段評価には値しません。資格要件を満たして、ようやく仕事の評価をしてもらうスタートラインに立てるのです。


ちなみに、僕は彼女になんの期待もしていませんので、彼女を働き方を直そうとも思いません。

上司としてどうなんだ、と、考えた時もありますが、彼女に構っている時間で、他の将来を期待できるメンバー達を育てることに時間を使うほうが、会社の利益になると判断しました。


若手のビジネスマンがこの記事を見ていたら、是非、やる気だけは無くさないようにしてください。

毎日ガソリンを入れないと動かないような人材は入りません。少なくともハイブリッド、できればソーラー発電を積んでるような人になってください。

やる気のない人は邪魔です。他の人の時間も使うし、その人自身の生産性も低いので、はっきりいってマイナスの効果しかありません。

僕としては、彼女が自発的にやる気をみせるか、やる気がなくても仕事ができるようになるまで、評価することはないでしょう。

【雑記】ブログ主のプロフィール

2017年12月現在


名前:30男

年齢:アラサー

家族:バツイチ

学歴:偏差み60台の法学部卒

職歴:某日系証券会社のリテール営業 → 別の金融機関勤務

年収:500万

金融資産:1000万

活動エリア:都内近郊

趣味:旅行、投資、女遊び


なんとも面白みのない平均的な暮らしをしている僕が、35歳までに一旗あげようと奔走するブログを投稿していきます。

また、それだけではみなさん興味ないかと思うので、有益なライフハックや投資情報をお伝えさせて頂きます。


1年間でプロブロガーの仲間入りを果たし、マネタライズに成功させます。

みなさまご贔屓をお願いいたします。


30男